空港の裏方お仕事図鑑

presented by JFAIUロゴ 航空連合

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

株式会社JALエンジニアリング 中嶋 一樹さん(左)
株式会社スターフライヤー 中嶋 雄也さん(右)

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道


幼い頃から、飛行機好きの親戚の影響もあり、航空業界に興味があったという中嶋一樹さん・雄也さん兄弟。今はお互いに夢を叶え、兄の一樹さんは株式会社JALエンジニアリングで羽田空港の航空整備士として、弟の雄也さんは株式会社スターフライヤーで北九州空港のグランドスタッフとして、それぞれ仕事に励んでいます。

「なんでも真似してくる弟をうっとうしく思ったこともある」「兄に負けたくない気持ちがあった」とお互いをライバル視していた時期もあったそうですが、今は実家に帰るたびに仕事の話をしたり、日々LINEで連絡を取ったりと仲のいい兄弟です。

子ども時代の憧れをどのように実現し、空港で働く今はどんなところにやりがいを感じているのか。お二人にお話を聞きました。

※今回、兄の一樹さんはオンラインでご参加いただきました。

航空関係のドラマを何度も見ていた子ども時代

--- お二人はそれぞれ航空整備士、グランドスタッフとして働かれているとのことですが、日々のお仕事について教えてください。

一樹(兄):羽田空港でライン整備という、飛行機が駐機場に到着をしてから出発するまでの便間に行う点検や整備をメインに担当しています。早番、遅番、夜勤の3交代制で働いていて、今日はちょうど夜勤明けです。昨夜はタイヤの交換を多く担当してきました。国内線の飛行機は深夜に飛ぶことが少ないので、定期的に実施することが必要な整備作業などを行っています。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

雄也(弟):僕は北九州空港でチェックインカウンター業務、 搭乗口で出発の案内をする出発案内業務、到着便のお客様をご案内したり手荷物を返却したりする到着便業務などをしています。最近はターミナルビルと飛行機とつなぎ、お客様を乗降させるための設備であるボーディングブリッジ(搭乗橋)を動かす担当にもなり、幅広い仕事に関わることができています。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

--- 職種が違うとはいえ、兄弟揃って航空業界というのはめずらしい気がします。お二人とも昔から飛行機が好きだったんですか?

雄也(弟):静岡県の浜松に住んでいる叔父が、飛行機が好きで子どもの頃、遊びに行くたびに飛行機の写真を見せてくれたり空港に連れて行ってくれたりしたんですよね。それで自然と飛行機に興味を持ちました。

一樹(兄):まさにそれが共通のきっかけですね。鉄道や飛行機など、乗り物全般が好きな叔父なんです。

雄也(弟):あと、同じマンションに住んでいた友達のお父さんが飛行機のパイロットで。制服のままサッカースクールの送り迎えをしてくれるとか、海外にたくさん行ってるとか、そういう話を聞いて「すごいな、かっこいいな」と憧れの気持ちを抱きました。航空関係のドラマも何度も見ていて……。

一樹(兄):家族みんなで何回も見たよね。

雄也(弟):そんな感じでいろんなところからの影響があり、小学生くらいから航空業界を目指したい気持ちはあったと思います。

--- 「航空業界に入ろう」と明確に決めたのはいつ頃だったのでしょうか。

一樹(兄):大学は工学部航空宇宙学科に進んだのですが、就活の最後の最後まで航空か鉄道か、どちらの業界を目指すかで迷いました。たまたま大学のキャリアセンターで知り合った先生が航空業界に詳しい方で、その先生と話す中で航空業界に進むことを決めました。
鉄道業界は、大学生の時に駅でアルバイトしていたことがあり、仕事内容をある程度知っていたから、というのもありました。なので、まだ全く知らない航空業界を見てみたいというのもありましたね。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

雄也(弟):僕はずっと自動車と飛行機両方に興味があり、大学の頃に航空業界に進むことを決めました。航空会社のインターンシップに参加して、空港のランプを車で走る経験をしたのですが、直近で飛行機を見たときに「これ(航空業界)しかないな」と思ったんです。

--- 進路を決めるにあたって、お兄さんの影響はあったのでしょうか?

雄也(弟):僕は本当にずっと兄の背中を見ながら育ったというか、ずっと後ろをくっついていく感じだったんですよね。中学校の部活(陸上部)も一緒、種目(ハードル)も一緒。実は大学の学部・学科まで一緒なんです。負けたくない気持ちがあって。

--- 「同じ道で兄を超えてやる」というような気持ちが少なからずあったんですね。

雄也(弟):そうですね。航空業界を選んだのは自分の意志ですけど、兄の影響も半分くらいはあるのかなと思います。

一樹(兄):中学生くらいまでは、何かと真似されるのがすごく嫌だったんですよね。でも高校生、大学生、社会人と大人になるにつれて気持ちの変化があったというか、弟が歩む道をサポートしたいなという気持ちが出てきました。本人の行きたい道を叶えてあげたいし、その場に、先に自分がいることが多かったので、アドバイスできるところはしてあげたいなと。

--- ちなみに、お二人とも航空業界に就職が決まったときのご家族の反応は?

一樹(兄):特に母がすごく喜んでくれました。元々そんなに飛行機に興味があるタイプではなかったんですけど、最近は航空業界について自分でどんどん調べているみたいで……。

雄也(弟):空港の情報を調べたり、整備工場の見学に行ったり。その探究心は我が母ながら見習いたいですね。

一樹(兄):僕が入社1年目のとき、飛行機の格納庫内でクリスマスの飾り付けをする仕事があったんですが、そのとき母がちょうど整備場見学に来ていて。申し込んでいたのを知らず、仕事場で偶然会ったことがあります。

雄也(弟):一緒に写真撮ってたよね(笑)。

--- 一樹さんは、裕也さんが自分と同じ業界に入ったときはどう思いましたか?

一樹(兄):自分を少しでも目標としてくれていたのかなと思うと嬉しかったです。中学生の頃の自分だったらそうは思わなかったかもしれませんが……。今は純粋に、同じ業界で働けていることが嬉しいです。

チームワークを感じることが、日々の仕事のやりがい

--- 今は一樹さんがJALエンジニアリング、雄也さんがスターフライヤーで働いていますが、それぞれ今の会社を選んだのはどうしてですか?

一樹(兄):就活のとき、航空業界のいろんな会社を見て、その中でも人をすごく大事にしている印象を受けたのが、入社をしたJALエンジニアリングでした。航空整備士になりたかったので、整備の仕事ならどこでもいいかなと最初は思っていましたが、それが一番の決め手でした。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

雄也(弟):僕は、スターフライヤーの企業理念に惹かれました。「安全運航のもと、人とその心を大切に」「感動のあるエアライン」という理念を読み、お客様のことも社員のことも考え抜いているのが感じられて、ここで働けたら得られるものがあると思い入社しました。

それから、スターフライヤーの魅力はグランドスタッフと整備関連のどちらも経験できる可能性があることです。グランドスタッフの仕事もすごく好きですが、将来は整備の仕事もやりたくて。その両方を経験できるスターフライヤーを選びました。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

--- 今のお仕事で好きなことや、やりがいを感じているのはどんなことですか?

一樹(兄):新入社員の頃に初めてエンジンの交換作業を見たとき、「こんなに大きいものを人が交換できるのか?」と不安を覚えました。でも、いざ自分がやるとなったとき、とても楽しかったんですよね。大人数で、みんなの息を合わせて作業をしないとできない。大変な作業ではあるんですけど、チームワークと充実感や達成感を感じられて、今でも一番好きな作業です。

--- エンジンってどれくらい大きいんでしょう?

一樹(兄):実家のリビングくらい……?

雄也(弟):それじゃ伝わらないと思う(笑)。

一樹(兄):機体によって違いますが、12畳くらいの部屋をイメージしていただけるといいと思います。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道
(オンラインでお兄さんと繋がりながらのインタビュー)

--- 雄也さんは、グランドスタッフのお仕事のどんなところが好きですか。

雄也(弟):やっぱり、お客様と直接お話をして感謝の言葉をいただくと嬉しいです。あとは、飛行機が好きなお子さんと接するのも好きです。昔の自分を見ているみたいで。かつての自分のように、この経験が思い出に残ってくれたらいいなと思って接しています。

やりがいは毎便毎便に感じますね。無線でやりとりをする乗務員の方、燃料を入れる方、貨物を搭載する方、グランドハンドリングの方……飛行機はたくさんの人の力で飛び立っていて、誰が欠けてもいけない。すごいことだなと日々思います。昨日はいつも無線でやり取りをしている乗務員の方から、「丁寧な仕事をありがとう」と感謝の言葉をもらって嬉しかったです。

--- それはどういうシチュエーションだったのでしょうか。

雄也(弟):減便中のその日の北九州空港への到着の最終便は、その後折り返しで羽田空港への出発の最終便でした。到着の最終便が遅れて着いたため、そのまま出発も遅れてしまいそうだったんですが、お客様の降機後の作業やご搭乗の準備をスムーズに進められて、最終的には定刻で出発できました。そのとき乗務員の方が無線で「ファインプレーだったよ!」と言ってくれて。そんな風に直接言葉で伝えてくださる環境もありがたいなと感じました。日々が働く仲間との連携プレーなので、毎便ごとにやりがいを感じます。

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

「飛行機が好きだ」という気持ちが、ずっと自分を支えている

--- お二人で仕事の話をすることはありますか?

一樹(兄):お互い頻繁に実家に帰るので、会ったときに仕事の話はします。弟が質問してきてそれに答える、というパターンが多いです。飛行機のシステムのこととか。

雄也(弟):だいたい僕が一方的に聞いてます(笑)。

一樹(兄):僕もわからないことがまだたくさんあるので、質問されることで自分の勉強にもなっていますね。

--- 悩みも相談したり?

雄也(弟):父が家庭に仕事の話や愚痴を持ち込まないタイプだったので、あんまり家ではネガティブな話はしないかもしれません。LINEで相談とかもしないですね。

一樹(兄):LINEでは、おもしろい動画とか自分が笑えた画像を送ったり。そんなことばっかりしてます(笑)。

雄也(弟):Twitterで見つけた乗り物関係のおもしろい動画をシェアしたり(笑)。

--- 微笑ましいです(笑)。最後になりますが、これから航空業界を目指す人に伝えたいメッセージはありますか?

雄也(弟):この仕事で大事なのは協調性というか、相手を大切に思いリスペクトする気持ちだと思ってます。チームプレーが多い仕事なので。だから、学生の頃からチームスポーツやボランティア活動などでチームワークを身に着けると、その先の仕事に活きるのかなと感じます。

一樹(兄):新型コロナウイルスの流行で航空業界が落ち込んで、一時期は新規採用がない時期もありました。入社試験を受けるチャンスが減っていたのは事実ですが、今は少しずつですが採用も再開をし、満席の便も多くなり、環境が戻りつつあります。いろいろな情勢の影響を受ける業界ではありますが、本当に目指したいと思ったなら、あとから「やっぱり航空業界がよかったな」と後悔しないように、チャンスは必ずあるので挑戦してほしいと思います。

雄也(弟):僕もそう思います。最終的に自分を支えるのって、原体験というか、子どもの頃に持っていたような「飛行機が好きだ」という漠然とした気持ちだと思うんです。学生時代にランプから飛行機を見たときの「これ(航空業界)しかない!」という気持ちとその光景は、今でもずっと頭に残っています。

たとえ仕事で悩むときがあっても、心から飛行機を好きだと思える気持ちがあれば、それがずっと自分を支え続けてくれると思います。

(文:べっくやちひろ、写真:猪口由里江)

ライター:べっくやちひろ

東東京在住のライター・編集者。主に働き方や生き方に関するインタビュー取材を行なう。

カメラマン:猪口由里江

1宮崎県出身。福岡県在住。ブランドデザイン(株)取締役。Piece Photo Design 代表。
高校生の頃に写真に出会い、福岡に移住。それからは写真一筋。現在は小学生〜保育園児までの3児の母。2021年8月に福岡市内にキッズベビースタジオオープン。スタジオ業務をメインに出張撮影、企業案件と幅広く携わっている。
https://piece-photo-design.studio.site

YouTube動画解説

写真:YouTube動画スクリーンショット

働く空港あるある!? ソング 〜裏方編〜」はこう聴く! 空港の知られざるドラマ全部見せます

歌に合わせて、知られざる空港の裏側、教えちゃいます!

グランドスタッフ

写真:グランドスタッフ

「ターミナルの主役、でも華やかなだけじゃない!? グランドスタッフってどんな仕事?

日々空港を駆け回る、実は体力派!?なグランドスタッフの実態に迫ります。

写真:株式会社ソラシドエア 五十嵐那海さん

お客さま一人ひとりの背景を想えるグランドスタッフでありたい

株式会社ソラシドエア 五十嵐那海さん

写真:内藤 真也さん

「キラキラ」だけではないけれど、毎日ワクワクを感じられるのがグランドスタッフの魅力

ANAエアポートサービス株式会社 内藤 真也さん

写真:内藤 真也さん

航空整備士の兄、グランドスタッフの弟。幼い頃に夢見た世界で活躍する“航空兄弟”の歩む道

株式会社JALエンジニアリング 中嶋 一樹さん、株式会社スターフライヤー 中嶋 雄也さん

写真:田宮さん、齊藤さん

コロナ禍の羽田空港ならではのトラブルを連携でこなす現場力

株式会社AIRDO 田宮 優さん 齊藤 梨紗さん

写真:土江さん

羽田空港でグランドスタッフの仕事はどう変化した?コロナ禍での苦労や社会的な使命感

ANAエアポートサービス株式会社 土江大雅さん

写真:松田さん

元は薬剤師志望。今はプライドとやりがいを抱きグランドスタッフ道まっしぐら

ANA福岡空港株式会社 松田成美さん

写真:馬場さん

コロナ後、またお客様と。神戸の小さな空港で、憧れのグランドスタッフとして働く喜び

ANA大阪空港株式会社  馬場彩夏さん

写真:長間さん、洲鎌さん

リゾート地のできたばかりの空港で、空の安全を守るママ保安検査員

下地島空港施設株式会社(SAFCO) 長間さん、洲鎌さんインタビュー

写真:猿木さん、池場さん

OJTの証「訓練生」バッジつけ必死に学んだ新卒8日間、明日からは教える立場でバトンを繋ぎます

ANA中部空港 グランドスタッフ対談

写真:吉田さん

「制服がかっこいい!」大学3年、就活目前でグランドスタッフの仕事を知り就職へ

株式会社AIRDO 吉田さんインタビュー

写真:山辺さん

「かっこいい!と憧れ続けた仕事だから、プロとして、ひとりでも多くのお客様に寄り添える存在でいたい」

スターフライヤー 山辺さんインタビュー

写真:稲福さん

「コミュニケーションの熱量を大切に」 “世界で一番選ばれる、心温かい航空会社”を目指す、入社4年目の挑戦

JALスカイエアポート沖縄 稲福さんインタビュー

写真:北林さん

仕事といえど“人対人”。真心でぶつかる、北林流・全力コミュニケーション術

ANA新千歳空港(株)旅客サービス部 北林さんインタビュー

写真:佐々木さん

「お客さまの“一生の思い出”を作る仕事」接客にマニュアルはなし!経験で磨く一期一会のおもてなし

ANAエアサービス松山 佐々木さんインタビュー

写真:澤田さん

「お客様の『ありがとう』『また乗りたい』が何よりうれしい」

JALグランドサービス大阪 澤田さんインタビュー

グランドハンドリング(グラハン)・貨物

写真:グラハン風景

定時出発を支える影のプロフェッショナル集団 【「グラハン」ってどんな仕事?】

飛行機の周りでキビキビと動き回るスタッフ、「グラハン」の実態に迫ります!

写真:貨物輸送の様子

産業ネットワークを加速させる、日本経済の「縁の下の力持ち」【航空貨物ってどんな仕事?】

飛行機では、お客さまの手荷物だけでなく、空輸の貨物も一緒に運ばれていることはご存知ですか?

写真:中部スカイサポート株式会社 袴田侑里香さん

預けた手荷物が何事もなく手元に返ってくる。そんな“当たり前”を担うのが私たちの使命です

中部スカイサポート株式会社 袴田 侑里香さん

写真:株式会社 JALグランドサービス 鈴木隼人さん

チームプレーの難しさも喜びも、全部この仕事が教えてくれた

株式会社 JALグランドサービス 鈴木 隼人さん

写真:松山雄司郎さん

貨物の仕事は「難易度の高いテトリス」? 輸出部のエースが語る貨物のおもしろさと可能性

日航関西エアカーゴ・システム株式会社 輸出部 松山雄司郎さんインタビュー

写真:草部早紀さん

コロナ禍で実感した「貨物」の重要性。人の暮らしを支える裏方であることが誇りです

ANA福岡空港株式会社 草部早紀さん

写真:JALスカイエアポート沖縄株式会社/宮良 勝貴さん 宮良 真季さん

「妻/夫は尊敬できる仕事の仲間」夫婦で極めるグラハンの道

AJALスカイエアポート沖縄株式会社/宮良 勝貴さん 宮良 真季さん

写真:新川 育未さん

ものだけじゃなく安心を届ける。貨物を通じて世界とつながる、国際物流という仕事

株式会社OCS 新川 育未さん

写真:ANA新千歳空港株式会社/一般社団法人 千歳観光連盟(出向)川口 達也さん

新千歳空港の貨物ハンドリングから地元の観光振興に転じて分かったこと

ANA新千歳空港株式会社/一般社団法人 千歳観光連盟(出向)川口 達也さん

写真:桝田 麻央さん、前田 裕貴さん

3人の子育てと空港の仕事を両立。グランドハンドリングの夫、グランドスタッフの妻、関空で働く夫婦の奮闘記

株式会社Kグランドサービス 前田 裕貴さん、ANA関西空港株式会社 桝田 麻央さん

写真:写真:坂本さん、坂口さん

ライバル会社同士、だからこそ協力し合う
志はともに、佐賀の空での安全安心な運航を守る

株式会社JALエアテック 坂本さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口さんインタビュー

写真:清水さん、吉田さん

部署を超えたチームワークで機内食や備品を円滑に機内に積み込む

株式会社ANAケータリングサービス 清水さん、吉田さんインタビュー

写真:柏木さん・壇さん

違う会社でも緊密に連携するってどんな関係?成田空港の国際貨物をチームで担う2人に聞いてみた

ANA成田エアポートサービス株式会社 柏木秀隆さん、株式会社ANA Cargo 檀杏奈さんインタビュー

写真:尾島さん

日本からの国際貨物で救われる命も。仕事を通じた社会貢献に感じるやりがい

ANAエアポートサービス株式会社 尾島ケントさんインタビュー

写真:田村さん

飛行機の安全運航、最後の砦。躊躇ない判断で離島空港のチームもお客様も荷物も守るグラハン・ロードマスター

JALスカイエアポート沖縄株式会社 田村さんインタビュー

写真:森田さん

羽田空港、成田空港で世界中の空を飛ぶANAの機体を毎日洗う機体洗浄のスペシャリスト

羽田空港グランドサービス株式会社  森田さんインタビュー

写真:松村さん、村口さん、加藤さん

航空機の除雪をする冬の特別部隊“デアイシングチーム”の仲の良さに注目

JALグランドサービス札幌 デアイシングチーム座談会

写真:西さん

搭載指示書を「作る側」から「使う側」へ!関空から羽田への転勤で新しい仲間と仕事

株式会社Kグランドサービス ランプ業務部 西さんインタビュー

写真:石川さん

四隅もピンと美しいシートカバーに宿す誇り。毎日10便以上、おもてなし空間をつくるチームプレー

株式会社JALグランドサービス 石川さんインタビュー

写真:下地さん

「出会えば、みな兄弟」離島の空港を支える絆のチカラ

株式会社エアー宮古 下地裕介さんインタビュー

写真:古賀さん

「出産しても働けると、後輩たちに伝えたい」“グラハン女子”の未来を切り拓くパイオニア

中部スカイサポート株式会社ランプ貨物部 古賀さんインタビュー

写真:川﨑さん

「『空港を支える』バトンを、これからを担う人へ」

ANAエアサービス佐賀 運送サービス課 川﨑さんインタビュー

写真:岩永さん

「飛行機を押せるのは自分たちだけ」

JALグランドサービス九州ランプサービス部 岩永さんインタビュー

写真:小林さん

「夢はお店を出すこと」夢を10年先のばしてでもたずさわり続けたい「飛行機の裏舞台」

羽田空港グランドサービス小林さんインタビュー

写真:来條さん

モノの価値を作っていく「空の物流」で、憧れを全て現実に

株式会社OCS 来條 舞さんインタビュー

写真:普天間さん

「なんくるないさー」で本土・離島と沖縄本島をつなぐ「ボランチ」 

沖縄日通エアカーゴサービス 普天間さんインタビュー

写真:東さん

グラハンとソフトボールが大好き! 関空の貨物を支える若手グラハン女子の笑顔に迫る

ANA関西空港株式会社 東さんインタビュー

写真:鈴木さん

20t級のフォークリフトを操る4歳児のママ。航空貨物を支えるグラハン女子の「道しるべ」になりたい

ANA成田エアポートサービス株式会社 鈴木さんインタビュー

写真:新田さん

職人ワザ炸裂! 輸出部の若きエースが語る「飛行機を使った貿易」の舞台裏 

日航関西エアカーゴ・システム輸出部 新田さんインタビュー

写真:玉城さん

「えいや!と飛び込んだからこそ今がある」

ANA沖縄空港貨物サービス部玉城さんインタビュー

航空機・車両整備

写真:稲田さん、德永さん

航空機の「電装整備士」と整備現場の「強力サポーター」、羽田空港で異なる現場を担う整備の同期2人に聞いてみた

株式会社JALエンジニアリング 稲田さん、德永さんインタビュー

写真:山﨑さん

超過密の福岡空港で、会社の垣根を超え運航支える特殊車両整備 使命感と誇りを胸に秘めたスペシャリスト

株式会社JALエアテック 山﨑さんインタビュー

写真:別府さん

空港の特殊車両って誰が整備しているの? 航空機地上支援器材会社に潜入

全日空モーターサービス株式会社 別府さんインタビュー

このページの先頭へ