空港の裏方お仕事図鑑

presented by JFAIUロゴ 航空連合

グラハンとソフトボールが大好き! 関空の貨物を支える若手グラハン女子の笑顔に迫る/ANA関西空港株式会社 東さんインタビュー

写真:東さん

「男性の仕事」に女性が進出しはじめて久しいですが、それでもまだまだ少数派なのが実状です。30年前には女性は一人もいなかったという、空港での貨物のお仕事もそんな職業の一つ。

今回の関空グラハンの期待の星、東さんは、ANA関西空港株式会社空港オペレーション室グランドハンドリング部貨物サービス課に所属している「グラハン女子」。

体を動かすことが大好きという彼女は、航空関係の専門学校に在籍中の10月から早期入社という形で、いまの部署へ配属されました。「この仕事が好き!」と言う彼女に、グラハンのお仕事についてお話を伺いました。

体を動かすことが好き!ドラマ「Good Luck!!」に憧れて

東さんは入社してもうすぐ2年。貨物上屋(うわや)では貨物の積み込み、機側ではフレーターという貨物専用機の搭降載業務をしています。女性ながらフォークリフトも乗りこなし、たくさんの先輩に囲まれながら、ハードな毎日を過ごしています。

写真:東さん

--- 関西空港での貨物担当者は、女性が1割ほど。なぜ東さんは貨物のお仕事に就かれたのですか?

中学生の時に「Good Luck!!」というドラマの再放送を見て、飛行機ってカッコイイなと思って飛行機に興味を持ち、それから空港で働きたいと思うようになりました。そこで「グランドハンドリング」という仕事があることを知ったのがきっかけです。

大学進学の選択肢もあったのですが、やはり「空港での仕事に直結する」と考え、専門学校を選びました。専門学校入学までに、ミッションで普通自動車免許を取らないといけなかったので、その点は苦労しましたね(苦笑)。

--- 空港の仕事といえばCAやパイロットをイメージする人が多いと思いますが、グランドハンドリングに興味を持たれたんですね。

はい。もともと体を動かすのが好きで。小さい頃からずっとスポーツをしていて、小学校と中学校では野球でピッチャー、高校はソフトボールでピッチャーとキャッチャーをしていました。

私は体を動かすことが好きだし、飛行機に直接携われるので、女性は少ない職場ですが、グラハンを志望しました。野球やソフトボールをしていたこともあり、男性の方が多い職場でもやっていけるかなと。

--- 貨物の現場で、女性ならではの強みは?

コンテナの中に入って貨物を積み込む作業があるんですけど、中は狭いので、小柄なほうが積みやすいという点は強みかなと感じます。

写真:東さん
東さんは今年、航空連合主催のフォークリフト運転競技会で参加者女性トップの成績を修めました!

--- 体力勝負のお仕事ですよね。入社面接の際、スポーツ経験は話題になりましたか?

はい。先輩たちもスポーツしていたり、体を動かすことが好きな方が多いので、共通の話題としてポイントが高かったかもしれません。

飛行機に手を振るとき、胸を撫で下ろす

写真:東さん

--- 貨物サービス課に配属されてからはどんなふうにお仕事を覚えていったんですか?

まず貨物という仕事があることを知りませんでした。

もともと「マーシャラー(飛行機の誘導)」などの「グラハンの花形」と言われる仕事をしたかったので、決まったときは「何をするんやろう」というのが最初でした(苦笑)。貨物専用機のこともあまり知らなかったので、知らないことだらけの部署に配属になって、最初は少し戸惑いました。

一番大変だったのは、目的地の空港を「3レターコード」というアルファベット3文字で表すのですが、それと便名を一致させて覚えることでしたね。

細かいことですが、ちょっとしたことでもすごく仕事の効率が変わってきます。たとえば、貨物を積むときはパレット(貨物を積むための鉄の板)に貨物を乗せてビニールをかけて飛行機に積み込むのですが、そのビニールをかける手順やセットする順番など、常に先の工程を考えて行動するというのは意識していますね。

どんな仕事もそうかもしれないですけど、「あの人こうしてるから自分も真似してやってみよう」というふうに、人の行動を見ることはすごく勉強になっています。

写真:東さん

--- なるほど!先輩たちを見て、お手本にしてるんですね。

そうですね。他にも、貨物を積むときにはテトリスみたいに考えながら積まないとならないんですけど、それはけっこう職人技で。先輩たちはどんどん積んでいっていて、考えていないように見えてもすごく考えて積んでらっしゃるので、私もその姿を見てまだまだ勉強しているところです。

貨物専用機のサイズにより、積める貨物の数は変わります。でも、貨物の形や大きさ、重さもバラバラだし、見てすぐにどう積めばいいか判断しないといけません。

うまく積まないと、予定していた便に貨物を載せられなくなり、お客様にお約束した時間に届けられなくなるので、この判断はかなり重要なんです。

--- そうなんですね!きれいにたくさん積めたときは「よっしゃ!」みたいな?

思いますね(笑)。

--- 「この仕事が好き」と言えるのってすごくいいですね。お仕事以外にも、関空の好きなところはありますか?

夏には対岸のりんくう公園で行われる花火大会の花火が作業中に見えたりします。あと、早番のときに見る朝日もすごくきれいです!何も遮るものがないので、めちゃめちゃきれいですよ。

--- それは素敵!働いている人の特権ですね!

写真:東さん
この関空展望ホール「スカイビュー」からの景色も素晴らしいんです!

--- お休みの日ってどんなことしてるんですか?

普段は大阪で一人暮らしですが、実家が奈良なんです。奈良にあるソフトボールチームに所属しているので、日程が合えば、練習や試合に行ったりしてます。それが休日の一番の楽しみですね(笑)。

写真:東さん

--- 他に、好きなお仕事はありますか?

貨物機の出発作業で、最後に作業員が飛行機に手を振るのですが、そこが一番ですかね…。好きというか、出発の時、私はものすごく緊張するんですけど、手を振って見送っている時は「何もなくてよかったな」とホッとします。

飛行機の出発時は、エンジンの音がかなり大きくて、その近くでの作業は、その音になかなか慣れず、いつも緊張してしまうんですよ。

飛行機に貨物を積み終え、タグ車で飛行機が自走できるところまで押した後、機体を止めているチョークという車輪止めを外します。その時にもし何かトラブルがあると、貨物を積んだ努力も水の泡になってしまいます。何事もなく手順どおりに業務ができて、手を振って飛行機を見送れたら、「ああよかったな」と安心できるんです。

大好きなグラハンとソフトボールを続けていきたい

--- これからやってみたいことや、夢はありますか?

入社するときは、私はマーシャラーをしたくて入社したので、それを目標にいま頑張ってます!そのためにも資格が必要なので、勉強して訓練して資格とって…、っていう感じです。

これからも、ずっとグラハンの仕事をしていきたいですね。大きな飛行機に携われる仕事は、他ではなかなか味わえない醍醐味でもありますし、すごくやり甲斐があるなって実感しています。

そして、同時にソフトボールも続けていきたいですね。

写真:東さん

素朴な雰囲気のなかに、意志の強さをのぞかせる東さん。早朝勤務もあれば深夜作業もあり、季節によっても決して楽ではない貨物のお仕事ですが、それでも「ずっとグラハンをやっていきたい」と迷いのない姿はとてもキラキラしていました。

「女性だと敬遠してしまいがちな仕事だけど、男性も力を貸してくれるから、どんどん女性にも入ってきてほしい」と話す東さん。空港で輝いている女子は、CAさんだけではないということを教えてくれました。

そして彼女の夢が叶い、機体の前でライトを振って誘導する日もそう遠くない将来かもしれませんね。

(文・取材 ikekayo)

ライター:ikekayo

関西を拠点に活動するライター。「人の持つ無形の価値に輪郭を描く」ことを意識して書いてます。

YouTube動画解説

写真:YouTube動画スクリーンショット

働く空港あるある!? ソング 〜裏方編〜」はこう聴く! 空港の知られざるドラマ全部見せます

歌に合わせて、知られざる空港の裏側、教えちゃいます!

グラハン(グランドハンドリング)

写真:グラハン風景

定時出発を支える影のプロフェッショナル集団 【「グラハン」ってどんな仕事?】

飛行機の周りでキビキビと動き回るスタッフ、「グラハン」の実態に迫ります!

写真:松村さん、村口さん、加藤さん

航空機の除雪をする冬の特別部隊“デアイシングチーム”の仲の良さに注目/JALグランドサービス札幌 デアイシングチーム座談会

写真:西さん

空港の特殊車両って誰が整備しているの? 航空機地上支援器材会社に潜入/全日空モーターサービス株式会社 別府さんインタビュー

写真:西さん

搭載指示書を「作る側」から「使う側」へ!関空から羽田への転勤で新しい仲間と仕事/株式会社Kグランドサービス ランプ業務部 西さんインタビュー

写真:石川さん

四隅もピンと美しいシートカバーに宿す誇り。毎日10便以上、おもてなし空間をつくるチームプレー/株式会社JALグランドサービス 石川さんインタビュー

写真:下地さん

「出会えば、みな兄弟」離島の空港を支える絆のチカラ/株式会社エアー宮古 下地裕介さんインタビュー

写真:古賀さん

「出産しても働けると、後輩たちに伝えたい」“グラハン女子”の未来を切り拓くパイオニア 中部スカイサポート株式会社ランプ貨物部 古賀さんインタビュー

写真:川﨑さん

「『空港を支える』バトンを、これからを担う人へ」ANAエアサービス佐賀 運送サービス課 川﨑さんインタビュー

写真:岩永さん

「飛行機を押せるのは自分たちだけ」JALグランドサービス九州ランプサービス部 岩永さんインタビュー

写真:小林さん

「夢はお店を出すこと」夢を10年先のばしてでもたずさわり続けたい「飛行機の裏舞台」羽田空港グランドサービス小林さんインタビュー

航空貨物

写真:貨物輸送の様子

産業ネットワークを加速させる、日本経済の「縁の下の力持ち」【航空貨物ってどんな仕事?】

飛行機では、お客さまの手荷物だけでなく、空輸の貨物も一緒に運ばれていることはご存知ですか?

写真:東さん

グラハンとソフトボールが大好き! 関空の貨物を支える若手グラハン女子の笑顔に迫る/ANA関西空港株式会社 東さんインタビュー

写真:鈴木さん

20t級のフォークリフトを操る4歳児のママ。航空貨物を支えるグラハン女子の「道しるべ」になりたい/ANA成田エアポートサービス株式会社 鈴木さんインタビュー

写真:新田さん

職人ワザ炸裂! 輸出部の若きエースが語る「飛行機を使った貿易」の舞台裏 日航関西エアカーゴ・システム輸出部 新田さんインタビュー

写真:玉城さん

「えいや!と飛び込んだからこそ今がある」ANA沖縄空港貨物サービス部玉城さんインタビュー

グランドスタッフ

写真:グランドスタッフ

ターミナルの主役、でも華やかなだけじゃない!? 【グランドスタッフってどんな仕事?】

日々空港を駆け回る、実は体力派!?なグランドスタッフの実態に迫ります。

写真:吉田さん

「制服がかっこいい!」大学3年、就活目前でグランドスタッフの仕事を知り就職へ /株式会社AIRDO 吉田さんインタビュー

写真:山辺さん

「かっこいい!と憧れ続けた仕事だから、プロとして、ひとりでも多くのお客様に寄り添える存在でいたい」スターフライヤー 山辺さんインタビュー

写真:稲福さん

「コミュニケーションの熱量を大切に」 “世界で一番選ばれる、心温かい航空会社”を目指す、入社4年目の挑戦/JALスカイエアポート沖縄 稲福さんインタビュー

写真:北林さん

仕事といえど“人対人”。真心でぶつかる、北林流・全力コミュニケーション術/ANA新千歳空港(株)旅客サービス部 北林さんインタビュー

写真:佐々木さん

「お客さまの“一生の思い出”を作る仕事」接客にマニュアルはなし!経験で磨く一期一会のおもてなし / ANAエアサービス松山 佐々木さんインタビュー

写真:澤田さん

「お客様の『ありがとう』『また乗りたい』が何よりうれしい」 JALグランドサービス大阪 澤田さんインタビュー

空港で働く意識に関するアンケート結果

写真:一番目のリスト

お仕事意識調査[キャリア編]

写真:一番目のリスト

お仕事意識調査[AI・ロボット編]

写真:一番目のリスト

お仕事意識調査[空港おすすめスポット編]

このページの先頭へ