空港の裏方お仕事図鑑

presented by JFAIUロゴ 航空連合

空港の特殊車両って誰が整備しているの? 航空機地上支援器材会社に潜入/全日空モーターサービス株式会社 別府さんインタビュー

写真:別府さん

空港の展望デッキから飛行機を眺めている時、ふと視点を変えてみると、たくさんの車両が働いていることに気づきます。飛行機を引っ張っている車、乗客を降ろす階段が付いている車、貨物を運んでいる車。あの車両を整備しているのは一体誰なんだろう。

今回は、航空機地上支援器材の総合技術サービス会社である全日空モーターサービスで働く別府さんにインタビューしました。

別府さんは、空港で働く車両(GSE)の整備を担当して3年目。少しマイナーではありますが、“車両の細部に至るまでスキルを身に付けられ、グラハンとは違う側面で魅力がある仕事”だといいます。そんなGSE整備の魅力をいろいろ伺いました。

多彩な車種…毎日違う仕事をしていくのが楽しい

別府さんはグラハンの専門学校を卒業後に入社し、3年目。若いながらも、しっかりと落ち着いた話しぶりです。就職時には車両の知識はありませんでしたが、配線がややこしく難しい車両の整備なども、先輩に見守られながら、卒なくこなしているそうです。

写真:別府さん

--- GSE整備というのは、具体的にはどういった仕事ですか?

GSEとは、ざっくりいうと空港にあるタイヤが付いている車両全般の呼び名です。ANAグループのGSEのほぼ全てを保守管理、メンテナンス、改修、販売しています。

仕事は、定期点検がメインで、プラスアルファで不具合修理です。定期点検は車種によりますが、大体3カ月、6カ月、12カ月点検。細かく定められた点検項目表に基づき、不具合を修理していきます。

--- 入社してみて、イメージと違ったことはありましたか?

もっとピカピカの車両ばかりかと思っていましたが、入社してみると、案外古い車が多くて。20~30年ほど前の車両もあり、長く使っていることに驚きました。

特殊すぎて作れるメーカーがなくて延命し続けたり、オペレーターの方が古い車両の方が使いやすいということもあったりで、オペレーターの方が使いやすいように企画・改良しながら大事に使っているんです。

海が近い空港が多いので、サビやすいですし、本当にひどいときは階段に穴が開くこともあります。その場合、板金して直します。いわゆる溶接ですね。

写真:大事に使っている車両と別府さん

--- えっ、そんなことまでするんですか? 溶接って資格がいりますよね?

資格は、いま持っているもので…(免許証を見せてくれました)、11個ありますね。アーク溶接や粉じん作業、フォークリフト運転や高所作業車運転などです。

昨年、3級自動車整備士を取りました。2級は、受験に必要な経験年数に達したら取りたいと思っています。数多くの国家資格を取れるのもGSE整備の仕事の特徴ですね。

写真:免許証を持つ別府さん

--- こんなたくさんの免許証初めて見ました。いろんなことをできなくてはいけないんですね。

毎日入ってくる車両も違うし、壊れる箇所も違います。僕がいま担当しているパッセンジャーステップだと製造会社で2~3社。同じ会社でも型式が違うと全然違います。覚えることはたくさんありますが、毎日違う仕事をしていくのが楽しいです。冬になると除雪車を扱うので、季節を感じられたりするのもいいですね。

写真:別府さん

入社前には車の知識は全くなかった

--- 当初は、車両の整備ではなく、車両を扱う方のグラハンを目指していたそうで。グラハンの専門学校から全日空モーターサービスに就職ということで、車両整備の知識は元々あったんですか?

全くありませんでした。僕が現職を知ったきっかけは、専門学校時代に経験したインターンシップの通勤途中で、整備工場を見たことでしたし。

そもそもGSEの整備という特殊な学校はほぼないので、グラハンの学校の出身者や自動車整備を目指していた人が多いですね。

車両整備の知識は、最初の3カ月の入社教育期間中に基礎知識を学び、そのあとOJTで先輩と一緒に仕事をして覚えていきます。

--- 元々グラハンを目指したキッカケはなんだったのですか?

この話をするといつもブーイングされるんですけど、母に連れられ、小さい頃からよく海外旅行に行っていました。今でも母とは旅行します。弊社は1週間くらいの休みも取れるので、つい先日もキューバに行ってきました。

幼い頃から飛行機は、大切な目的地までの非日常空間なので好きでした。それから写真を撮るのも好きになって。空港にはよく来ていたので、飛行機の近くで働きたいなと思ったのが大きかったです。

写真:工具類と別府さん

毎日が刺激的!珍しい航空機を見かけることも

--- 仕事をしていて、楽しいと感じるのはどんなときですか?

自分が担当した車両が、次の点検まで不具合なく戻ってきたときは嬉しいですね。あと、高所作業車点検も好きです。10メートル以上の高い所までクレーンが上がり、そこからの景色が、すごく気持ちいいんです。飛行機も見下ろす感じで。毎日、そういうことが刺激的です。

羽田ではいろんな飛行機が見られます。カリスマ経営者のプライベートジェットや、政府専用機、各国の国賓の方を乗せた飛行機などが見られたりすることも。

写真:別府さん

--- 仕事で大変なことはありますか?

雪が降ると、除雪支援をするので忙しくなります。除雪車で翼の雪を落としたり、雪がつきにくくなる薬剤を撒いたり。除雪車の不具合修理や薬剤の補充もしなくてはいけません。防氷液を扱うにも国際航空運送協会の資格が必要です。扱いを間違えると飛行機事故につながることもあるため、ミスが許されないので、慎重に作業しています。

--- 仕事ではどんなことに気をつけていますか?

コミュニケーションです。今は班が変わって2~3名で仕事をすることも増えました。車両を操作するときにどうしても死角になる部分が多いので、声をかけあわないと、自分がケガをするだけでなく、仲間にケガをさせてしまうこともあるので、特に注意しています。

写真:仕事仲間と別府さん

--- グラハンではなく、GSE整備でよかったと思いますか?

グラハンをやったことがないので、わからないのですが……。今の仕事は楽しいです。グラハンよりも、GSE整備のほうが毎日違うことができる魅力があるかなと思っています。

***

普段は作業着だそうですが、インタビューはスーツ姿で対応してくださいました。スーツ姿でも、毎日パソコンに向かうビジネスパーソンとは違うカッコよさがありました。ピョンと除雪車をのぼり、屋根についた何やらのボタンを操作して……。まるで忍者のような身のこなしでした。

趣味で、空港の展望デッキに航空機の写真を撮りに行くこともあるそうです。好きな場所は羽田空港国内線第1ターミナル。滑走路が近いので好きなんだそう。やはり航空機だけでなく車両も撮るそうで、1人だけシャッター音のタイミングが違うんだとか。別府さんの担当はANAグループの車両。JALグループの車両は若干違うので、違う車両を見分けるなどマニアックに楽しんでいるそうです。

(文・写真:高橋ホイコ)

ライター:高橋ホイコ

ほんわかライター。ウェブメディアを中心にフリーライターとして活動中。自身の結婚式で8両編成のブライダルトレインを貸し切りで走らせるくらいに乗り物が好き。個人的におすすめする羽田空港の楽しみ方は自動販売機めぐり。個人ブログではジャンルにとらわれない情報を発信中(http://tomatoman.jp/

YouTube動画解説

写真:YouTube動画スクリーンショット

働く空港あるある!? ソング 〜裏方編〜」はこう聴く! 空港の知られざるドラマ全部見せます

歌に合わせて、知られざる空港の裏側、教えちゃいます!

グラハン(グランドハンドリング)

写真:グラハン風景

定時出発を支える影のプロフェッショナル集団 【「グラハン」ってどんな仕事?】

飛行機の周りでキビキビと動き回るスタッフ、「グラハン」の実態に迫ります!

写真:松村さん、村口さん、加藤さん

航空機の除雪をする冬の特別部隊“デアイシングチーム”の仲の良さに注目/JALグランドサービス札幌 デアイシングチーム座談会

写真:西さん

空港の特殊車両って誰が整備しているの? 航空機地上支援器材会社に潜入/全日空モーターサービス株式会社 別府さんインタビュー

写真:西さん

搭載指示書を「作る側」から「使う側」へ!関空から羽田への転勤で新しい仲間と仕事/株式会社Kグランドサービス ランプ業務部 西さんインタビュー

写真:石川さん

四隅もピンと美しいシートカバーに宿す誇り。毎日10便以上、おもてなし空間をつくるチームプレー/株式会社JALグランドサービス 石川さんインタビュー

写真:下地さん

「出会えば、みな兄弟」離島の空港を支える絆のチカラ/株式会社エアー宮古 下地裕介さんインタビュー

写真:古賀さん

「出産しても働けると、後輩たちに伝えたい」“グラハン女子”の未来を切り拓くパイオニア 中部スカイサポート株式会社ランプ貨物部 古賀さんインタビュー

写真:川﨑さん

「『空港を支える』バトンを、これからを担う人へ」ANAエアサービス佐賀 運送サービス課 川﨑さんインタビュー

写真:岩永さん

「飛行機を押せるのは自分たちだけ」JALグランドサービス九州ランプサービス部 岩永さんインタビュー

写真:小林さん

「夢はお店を出すこと」夢を10年先のばしてでもたずさわり続けたい「飛行機の裏舞台」羽田空港グランドサービス小林さんインタビュー

航空貨物

写真:貨物輸送の様子

産業ネットワークを加速させる、日本経済の「縁の下の力持ち」【航空貨物ってどんな仕事?】

飛行機では、お客さまの手荷物だけでなく、空輸の貨物も一緒に運ばれていることはご存知ですか?

写真:東さん

グラハンとソフトボールが大好き! 関空の貨物を支える若手グラハン女子の笑顔に迫る/ANA関西空港株式会社 東さんインタビュー

写真:鈴木さん

20t級のフォークリフトを操る4歳児のママ。航空貨物を支えるグラハン女子の「道しるべ」になりたい/ANA成田エアポートサービス株式会社 鈴木さんインタビュー

写真:新田さん

職人ワザ炸裂! 輸出部の若きエースが語る「飛行機を使った貿易」の舞台裏 日航関西エアカーゴ・システム輸出部 新田さんインタビュー

写真:玉城さん

「えいや!と飛び込んだからこそ今がある」ANA沖縄空港貨物サービス部玉城さんインタビュー

グランドスタッフ

写真:グランドスタッフ

ターミナルの主役、でも華やかなだけじゃない!? 【グランドスタッフってどんな仕事?】

日々空港を駆け回る、実は体力派!?なグランドスタッフの実態に迫ります。

写真:吉田さん

「制服がかっこいい!」大学3年、就活目前でグランドスタッフの仕事を知り就職へ /株式会社AIRDO 吉田さんインタビュー

写真:山辺さん

「かっこいい!と憧れ続けた仕事だから、プロとして、ひとりでも多くのお客様に寄り添える存在でいたい」スターフライヤー 山辺さんインタビュー

写真:稲福さん

「コミュニケーションの熱量を大切に」 “世界で一番選ばれる、心温かい航空会社”を目指す、入社4年目の挑戦/JALスカイエアポート沖縄 稲福さんインタビュー

写真:北林さん

仕事といえど“人対人”。真心でぶつかる、北林流・全力コミュニケーション術/ANA新千歳空港(株)旅客サービス部 北林さんインタビュー

写真:佐々木さん

「お客さまの“一生の思い出”を作る仕事」接客にマニュアルはなし!経験で磨く一期一会のおもてなし / ANAエアサービス松山 佐々木さんインタビュー

写真:澤田さん

「お客様の『ありがとう』『また乗りたい』が何よりうれしい」 JALグランドサービス大阪 澤田さんインタビュー

空港で働く意識に関するアンケート結果

写真:一番目のリスト

お仕事意識調査[キャリア編]

写真:一番目のリスト

お仕事意識調査[AI・ロボット編]

写真:一番目のリスト

お仕事意識調査[空港おすすめスポット編]

このページの先頭へ