空港の裏方お仕事図鑑

presented by JFAIUロゴ 航空連合

ライバル会社同士、だからこそ協力し合う
志はともに、佐賀の空での安全安心な運航を守る

株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん
株式会社JALエアテック 坂本竜海さん

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

(写真左から坂口さん、坂本さん)


広大な佐賀平野の干拓地と、豊かな自然が息づく有明海に面した九州佐賀国際空港(以後、佐賀空港)は、2021年7月に開港24年目を迎えました。実は佐賀空港は、最新技術を搭載した自動運転車両や自動手荷物積み付けロボットなど、他空港に先駆けて導入。空港業務において、イノベーションを身近に感じることのできる空港として全国から注目を集めています。

そんな先進的な空港で人々の暮らしに必要不可欠な荷物を運び、正確に積み込むなど物流を支えるグランドハンドリングを担当する株式会社ANAエアサービス佐賀(以後、AS佐賀)の坂口和優(さかぐち かずひろ)さんと、会社の枠を超えてグランドハンドリングで使用する特殊車両の整備や点検を担当する株式会社JALエアテック(以後、JLAT)福岡事業所の坂本竜海(さかもと たつみ)さんにお話をお聞きしました。

県も会社も超えて連携する、空港の安全請負人たち
円滑な運航のため、研鑽を重ねる日々

グランドハンドリングの業務は、航空機の誘導やけん引を始め、積み荷の搬送など多岐に渡りますが、航空機を安全に到着させ、正確な時間に出発するために欠かせない役割を担っています。

--- 坂口さんは入社3年だそうですが、空港での特殊業務を行うにあたり、すでに社内資格を10種以上取得しているとお聞きしました。

AS佐賀坂口:航空業界での仕事は一般的に、入社後にそれぞれ社内資格を取得してステップアップしていくことが多いと思います。作業ごと、車両ごとに違う資格が必要なこともあり、入社後も勉強が欠かせません。

例えば、手荷物や貨物の積み降ろしを行う作業責任者として必要な「搭降載責任者」という資格は、どんなに座学で知識を叩き込んでも、佐賀空港の場合は業務歴を2~3年以上重ねないと受けられないといったように実務が重視されるんです。空港ごとにその基準が違ったりするのですが、佐賀空港はわりとじっくり経験を積んで進むというスタイルです。今後も目指す資格に向けて日々勉強ですね。

写真:株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

JLAT坂本:私は前職で車関係の仕事をしていたこともあり、自動車整備士の資格を取得していたのですが、空港業務で使用される特殊車両の整備は、一般の車両とはまったく違うものなので、入社後にまずは先輩について整備作業の流れから技術的なものまで現場で学んでいきます。

入社して取った資格といえば、大型免許や大型特殊免許などでしょうか。コンテナを載せるカートのけん引などで必要になり、空港内の敷地とはいえ一般の道路と同様に安全に動かす必要があります。

--- 坂本さんは福岡空港に拠点を置くJALエアテック福岡事業所の所属ですが、佐賀空港でANAの車両整備も担っていらっしゃいますね。

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん

(JALエアテック福岡事業所で整備作業を行う坂本さん)

AS佐賀坂口:実は、佐賀空港におけるグランドハンドリングを円滑に行うため、空港業務ならではの形に進化した特殊車両の整備を一手に引き受けているのが、坂本さんが所属するJALエアテック福岡事業所なんです。福岡空港と佐賀空港、JALとANAといった、県の違いや会社の垣根を超えて支えあう2社の関係は、「空の安全」という目標で結ばれているんですよ。

JLAT坂本:JALエアテックは、福岡空港でANAやスカイマークなど他社の特殊車両整備も行っているという実績があるのですが、佐賀空港でANA関連の車両整備を担当されていた提携会社が整備を辞めるという話になり、福岡空港で弊社とも繋がりがあったAS佐賀の前任の社長から「JALエアテックさんに佐賀空港もお願いできないか」というお声を頂戴し、2年前から出張整備が始まりました。

基本的には月に一度、福岡空港から出張し、上司とコンビで点検整備を担当しています。佐賀空港にJALの拠点はないため、メンテナンスに必要な工具などはANAの貨物上屋がある敷地内に置かせていただくという協力体制をとっています。

もちろん急な故障や修理の対応が必要になったときは、その都度イレギュラーとして福岡空港から駆けつけています。

写真:写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

AS佐賀坂口:いつもご迷惑をかけてすみません(笑)。突然の故障で急に来ていただくことが本当に多くて。

JLAT坂本:空港の特殊車両は一般的な自動車と違い、油圧で作動するものが多いので油圧システムの保守管理も私たちの仕事。こちらこそ車両の不具合でお手数をおかけしています(笑)。

AS佐賀坂口:実はこうやって、直接お話しするのは初めてですよね。

JLAT坂本:基本的にANAとの調整や現場での引き継ぎなどは、同行する上司が行いますので、現場のグランドハンドリングの方からお話が直接聞けるのは新鮮です。

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

(後日、撮影したお二人の制服姿)

車好きの整備士、プロサッカー選手を目指した国際人
それぞれが夢や希望を抱えてたどり着いた舞台

--- お二人とも以前から空港で働きたいと思って現在の職を目指されたのでしょうか

JLAT坂本:もともと車が好きだったので、福岡市にある専門学校で自動車整備士の資格を取り、しばらく車の部品を扱う仕事をしていました。24歳で結婚して、家族が増えたことで、環境や収入共にステップアップを考えていた時に、たまたま現在の会社と出会いました。現在入社して5年目になります。

子どもと一緒に飛行機を見るために、よく福岡空港までドライブしていたので「空港で働いたら子どもたちが喜んでくれるんじゃないかな」という気持ちもありましたね。

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん

AS佐賀坂口:高校時代の3年間、スペインにサッカー留学していたんです。でもケガをしてサッカーの道を諦めざるを得なくなり、じゃあ自分は何をしようかと考えた時、年に何度も利用していた空港でいきいきと働く人たちのことを思い出したんです。

空港の仕事なら自分の語学力や国際人として磨いたコミュニケーション能力を生かせるかもしれないと、スペインから帰国して福岡市の航空ビジネス系の専門学校へ進学。学校では主に接客を担当するグランドスタッフの勉強をしていたので、今の現場は学んだこととは少し違っているかもしれません。

写真:スペインへのサッカー留学の時のお写真。後列左端が坂口さん

(スペインへのサッカー留学の時のお写真。後列左端が坂口さん)

JLAT坂本:車両に関わるとはいえ、空港で働くなんて想像もつかなかったです。いつか子どもに働いているところを見てもらいたいですね。

AS佐賀坂口:私はグランドスタッフとして働くつもりだったので、同じくいまの仕事をしているなんて想像もしませんでしたが(笑)、業務に慣れると「自分がこの現場を動かしているんだ」というやりがいも生まれ、仕事には満足しています。

--- この仕事について、変化したことや気にするようになったことはありますか?

JLAT坂本:空港で働くようになって、天気が気になるようになりました。天候が荒れた時に工場内に車両を移動させるのですが、すべて入りきるかなど、調整が必要なので。

AS佐賀坂口:私も佐賀の天気だけではなく東京の天気も常にチェックしています。出発地の天候が理由で飛行機が遅れて到着すると、私たちの対応も変わりますので。私たちグランドハンドリングの動きによって、遅延した便の遅れを取り戻し、定時で折り返し便を出発させて、遅延回復を達成した時は、すごく誇らしいですね。

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

--- お二人の相棒でもある「空港で働くクルマ」にはどんなものがあるのですか?なにかエピソードがあればお聞かせください。

AS佐賀坂口:私がよく使用するのは「ハイリフトローダー」ですね。貨物室にコンテナなどを運び込んだり降ろしたり、旅客便を利用されるお客様ならば、ターミナルから一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。貨物室に平行に横付けしなければならないのですが、パイロットも人間ですから飛行機は必ずしもまっすぐ駐機されているわけでなく、斜めの場合もあるんです。

ハイリフトローダーは車両自体も大きく、目視で機体と平行に合わせるのはかなり難しいんですね。しかも運航スケジュールを厳守するためスピード勝負。正確性が求められるところはやりがいもあります。

JLAT坂本:思い入れがあるクルマと言えば、入社当時は「TT車(トーイングトラクター)」をずっと整備させてもらっていたので、今も愛着があります。見た目は軽自動車のオープンカーみたいな感じなのですが、とにかく馬力がすごい。小さい体でぐいぐい大きなコンテナを運ぶ力持ちです。

私は整備士なので、普通は工場にいて停まっている車両を相手にしていますが、例えば七夕イベントのような特別フライトなどにお見送りメンバーとして参加する時など、自分が整備した車両が実際働いている姿を見ると「がんばってるな」と嬉しく思いますね。

写真:お話に出てきたハイリフトローダーを整備する様子

(お話に出てきたハイリフトローダーを整備する様子)

AS佐賀坂口:実はハイリフトローダーとの思い出には、失敗談もありまして。車両待機位置に駐車して車両から離れる際は、間違って動き出さないよう「チョーク」という車止めを施すんですね。そして、ハイリフトローダーを動かす時は、必ずチョークを外して運転しなければならないんですが。

ある時、うっかりそのまま乗り上げ、チョークを粉砕してしまって。上司から「タイヤで踏むことはあっても粉砕したとは前代未聞」と言われてしまい…(苦笑)。以後は、それまで以上に確認に気を付けていますね。

JLAT坂本:私の失敗談は、部品交換すべきではないパーツを外したときに壊してしまったことでしょうか。もしそのまま気づかず車両を引き渡してしまったら笑いごとではないんですよね。だから、今は簡単なオイル交換でもキャップの締め忘れはないか、必ず指差し点検は忘れないように心がけています。

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん

コロナ禍で外部収益担当兼任に
「現状維持は後退と同じ」という気持ちで、新しいことにチャレンジ!

--- 新型コロナウイルスにより大きな影響を受けている航空業界ですが、コロナ禍で変わったことはどんなことでしょう?

AS佐賀坂口:まず現場で一番変わったことは、いままで常にフル稼働していた車両が減便によって使われなくなり、そのことで「バッテリーが上がった」、「ライトがつかなくなった」、「クラクションがおかしい」など、これまでより不具合が発生しやすくなったことです。例えば、乗らない自転車はすぐ錆びてパンクしますが、それと似た感じですね。ですから、坂本さんたち整備の方々には本当にお世話になっています。

JLAT坂本:いえいえ。弊社の場合は、コロナの影響で2班に分かれての時差出勤になったので、その時にしっかり引き継がないと現場との要望と整備が擦り合っていない問題などが起こりかねないので、そのあたりに気を遣うようになりました。

AS佐賀坂口:航空機が飛んでいないということは、航空事業の業績も厳しい、ということなので、実は今年からグランドハンドリングだけでなく外部収入獲得を目指す収益性担当も兼任するようになりました。

例えば、地元自治体とのコラボを企画して情報発信をしていくとか、今まで無料体験できていたイベントに付加価値を付けて有料化してみては…などの企画を考えたり、作業着からスーツに着替えて商工会議所へ行くなど、外部との連携をより強めたりしています。

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

--- アフターコロナに向けて準備したいこと、やりたいことなどはありますか?

AS佐賀坂口:会社には色んな立場の人、年齢層の人がいるのでわかるのですが、新しいチャレンジやいままで事例にないことに反対する人も少なくありません。でも私は「現状維持は後退と同じ」だと思っています。

せっかく全国数ある空港の中で、ここ佐賀空港はイノベーションモデル空港に選ばれているんですから、自分もどんどん新しいことをやっていきたいですね。

JLAT坂本:今のうちにいろんな車両を整備できるよう、スキルアップしたいと思っています。例えば、今後はドローンがより身近になり、操縦者だけでなく、整備も必要になってくると思っています。自分だけじゃなく、会社のみんなで新しいことにチャレンジしたいです。

(2021年7月取材)

写真:株式会社JALエアテック 坂本竜海さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口和優さん

(文:吉田暁子、写真:岩川芳信)

ライター:吉田暁子

福岡市在住。地元新聞社や企業をメインに幅広い分野での取材・ライティングを生業にすること四半世紀。バックパッカーとして30カ国以上を渡り歩いた旅マニア。この10年は台湾に熱を上げ、台湾関連の執筆も多数。在日外国人への日本語教育ボランティアをライフワークとしている。

カメラマン:岩川芳信

福岡在住のフリーカメラマン。福岡市内の広告系写真スタジオ勤務後、独立。企業案件から個人サロンなどまで幅広く手掛ける。
400件以上撮影した飲食関係の撮影が得意分野。お酒関係の撮影は目の色が変わるタイプ(デザイナー談)
https://www.instagram.com/iwakamera/

YouTube動画解説

写真:YouTube動画スクリーンショット

働く空港あるある!? ソング 〜裏方編〜」はこう聴く! 空港の知られざるドラマ全部見せます

歌に合わせて、知られざる空港の裏側、教えちゃいます!

グランドスタッフ

写真:グランドスタッフ

「ターミナルの主役、でも華やかなだけじゃない!? グランドスタッフってどんな仕事?

日々空港を駆け回る、実は体力派!?なグランドスタッフの実態に迫ります。

写真:土江さん

羽田空港でグランドスタッフの仕事はどう変化した?コロナ禍での苦労や社会的な使命感

ANAエアポートサービス株式会社 土江大雅さん

写真:松田さん

元は薬剤師志望。今はプライドとやりがいを抱きグランドスタッフ道まっしぐら

ANA福岡空港株式会社 松田成美さん

写真:馬場さん

コロナ後、またお客様と。神戸の小さな空港で、憧れのグランドスタッフとして働く喜び

ANA大阪空港株式会社  馬場彩夏さん

写真:長間さん、洲鎌さん

リゾート地のできたばかりの空港で、空の安全を守るママ保安検査員

下地島空港施設株式会社(SAFCO) 長間さん、洲鎌さんインタビュー

写真:猿木さん、池場さん

OJTの証「訓練生」バッジつけ必死に学んだ新卒8日間、明日からは教える立場でバトンを繋ぎます

ANA中部空港 グランドスタッフ対談

写真:吉田さん

「制服がかっこいい!」大学3年、就活目前でグランドスタッフの仕事を知り就職へ

株式会社AIRDO 吉田さんインタビュー

写真:山辺さん

「かっこいい!と憧れ続けた仕事だから、プロとして、ひとりでも多くのお客様に寄り添える存在でいたい」

スターフライヤー 山辺さんインタビュー

写真:稲福さん

「コミュニケーションの熱量を大切に」 “世界で一番選ばれる、心温かい航空会社”を目指す、入社4年目の挑戦

JALスカイエアポート沖縄 稲福さんインタビュー

写真:北林さん

仕事といえど“人対人”。真心でぶつかる、北林流・全力コミュニケーション術

ANA新千歳空港(株)旅客サービス部 北林さんインタビュー

写真:佐々木さん

「お客さまの“一生の思い出”を作る仕事」接客にマニュアルはなし!経験で磨く一期一会のおもてなし

ANAエアサービス松山 佐々木さんインタビュー

写真:澤田さん

「お客様の『ありがとう』『また乗りたい』が何よりうれしい」

JALグランドサービス大阪 澤田さんインタビュー

グランドハンドリング(グラハン)・貨物

写真:グラハン風景

定時出発を支える影のプロフェッショナル集団 【「グラハン」ってどんな仕事?】

飛行機の周りでキビキビと動き回るスタッフ、「グラハン」の実態に迫ります!

写真:貨物輸送の様子

産業ネットワークを加速させる、日本経済の「縁の下の力持ち」【航空貨物ってどんな仕事?】

飛行機では、お客さまの手荷物だけでなく、空輸の貨物も一緒に運ばれていることはご存知ですか?

写真:写真:坂本さん、坂口さん

ライバル会社同士、だからこそ協力し合う
志はともに、佐賀の空での安全安心な運航を守る

株式会社JALエアテック 坂本さん、株式会社ANAエアサービス佐賀 坂口さんインタビュー

写真:清水さん、吉田さん

部署を超えたチームワークで機内食や備品を円滑に機内に積み込む

株式会社ANAケータリングサービス 清水さん、吉田さんインタビュー

写真:柏木さん・壇さん

違う会社でも緊密に連携するってどんな関係?成田空港の国際貨物をチームで担う2人に聞いてみた

ANA成田エアポートサービス株式会社 柏木秀隆さん、株式会社ANA Cargo 檀杏奈さんインタビュー

写真:尾島さん

日本からの国際貨物で救われる命も。仕事を通じた社会貢献に感じるやりがい

ANAエアポートサービス株式会社 尾島ケントさんインタビュー

写真:田村さん

飛行機の安全運航、最後の砦。躊躇ない判断で離島空港のチームもお客様も荷物も守るグラハン・ロードマスター

JALスカイエアポート沖縄株式会社 田村さんインタビュー

写真:森田さん

羽田空港、成田空港で世界中の空を飛ぶANAの機体を毎日洗う機体洗浄のスペシャリスト

羽田空港グランドサービス株式会社  森田さんインタビュー

写真:松村さん、村口さん、加藤さん

航空機の除雪をする冬の特別部隊“デアイシングチーム”の仲の良さに注目

JALグランドサービス札幌 デアイシングチーム座談会

写真:西さん

搭載指示書を「作る側」から「使う側」へ!関空から羽田への転勤で新しい仲間と仕事

株式会社Kグランドサービス ランプ業務部 西さんインタビュー

写真:石川さん

四隅もピンと美しいシートカバーに宿す誇り。毎日10便以上、おもてなし空間をつくるチームプレー

株式会社JALグランドサービス 石川さんインタビュー

写真:下地さん

「出会えば、みな兄弟」離島の空港を支える絆のチカラ

株式会社エアー宮古 下地裕介さんインタビュー

写真:古賀さん

「出産しても働けると、後輩たちに伝えたい」“グラハン女子”の未来を切り拓くパイオニア

中部スカイサポート株式会社ランプ貨物部 古賀さんインタビュー

写真:川﨑さん

「『空港を支える』バトンを、これからを担う人へ」

ANAエアサービス佐賀 運送サービス課 川﨑さんインタビュー

写真:岩永さん

「飛行機を押せるのは自分たちだけ」

JALグランドサービス九州ランプサービス部 岩永さんインタビュー

写真:小林さん

「夢はお店を出すこと」夢を10年先のばしてでもたずさわり続けたい「飛行機の裏舞台」

羽田空港グランドサービス小林さんインタビュー

写真:来條さん

モノの価値を作っていく「空の物流」で、憧れを全て現実に

株式会社OCS 来條 舞さんインタビュー

写真:普天間さん

「なんくるないさー」で本土・離島と沖縄本島をつなぐ「ボランチ」 

沖縄日通エアカーゴサービス 普天間さんインタビュー

写真:東さん

グラハンとソフトボールが大好き! 関空の貨物を支える若手グラハン女子の笑顔に迫る

ANA関西空港株式会社 東さんインタビュー

写真:鈴木さん

20t級のフォークリフトを操る4歳児のママ。航空貨物を支えるグラハン女子の「道しるべ」になりたい

ANA成田エアポートサービス株式会社 鈴木さんインタビュー

写真:新田さん

職人ワザ炸裂! 輸出部の若きエースが語る「飛行機を使った貿易」の舞台裏 

日航関西エアカーゴ・システム輸出部 新田さんインタビュー

写真:玉城さん

「えいや!と飛び込んだからこそ今がある」

ANA沖縄空港貨物サービス部玉城さんインタビュー

航空機・車両整備

写真:稲田さん、德永さん

航空機の「電装整備士」と整備現場の「強力サポーター」、羽田空港で異なる現場を担う整備の同期2人に聞いてみた

株式会社JALエンジニアリング 稲田さん、德永さんインタビュー

写真:山﨑さん

超過密の福岡空港で、会社の垣根を超え運航支える特殊車両整備 使命感と誇りを胸に秘めたスペシャリスト

株式会社JALエアテック 山﨑さんインタビュー

写真:別府さん

空港の特殊車両って誰が整備しているの? 航空機地上支援器材会社に潜入

全日空モーターサービス株式会社 別府さんインタビュー

このページの先頭へ